笑うお産

笑うお産

笑うお産

単行本 – 2015/7/17
池川 明 (著)

内容紹介
本当はお産って楽しかった!?
みなさんは、お産に対して痛い、辛い、危険などのイメージを持っていませんか?
産科医として毎日たくさんのお母さんに接する著者は、出産を終えたお母さんから驚くようなお産の体験談を聞くようになりました。
それは、「笑うお産(らくらくすっぽんのお産)(赤ちゃんとつながるお産)」なのです!
この本では、「笑うお産」をした人たちの体験をもとに、「笑うお産」をするためのコツをご紹介しています。
そのコツとは、「赤ちゃんとつながって、自分を100%信じること」なのです!

内容(「BOOK」データベースより)
“らくらくすっぽんのお産”“赤ちゃんとつながるお産”のコツが分かる!赤ちゃんとつながって、自分を100%信じることが楽しいお産をするカギになります!

著者について
池川 明(いけがわ あきら)

1954年東京生まれ。帝京大学医学部大学院修了。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年に池川クリニックを開設。胎内記憶・誕生記憶について研究を進める産婦人科医としてマスコミ等に取り上げられることが多く、講演などでも活躍中。母と子の立場に立った医療を目指している。

著書に『おぼているよ。ママのおなかにいたときのこと』『ママのおなかをえらんできたよ。』(以上、二見書房)、『子どもは親を選んで生まれてくる』(日本教文社)、『男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ』(フォレスト出版)など多数。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
池川/明
1954年東京生まれ。帝京大学医学部大学院修了。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年に池川クリニックを開設。胎内記憶・誕生記憶について研究を進める産婦人科医としてマスコミ等に取り上げられることが多く、講演などでも活躍中。母と子の立場に立った医療を目指している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

単行本: 208ページ
出版社: KADOKAWA/中経出版 (2015/7/17)
言語: 日本語
ISBN-10: 4046011742
ISBN-13: 978-4046011749
発売日: 2015/7/17
商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm