いのちの絆の物語―母と子へのメッセージ―

いのちの絆の物語―母と子へのメッセージ―

いのちの絆の物語―母と子へのメッセージ―

単行本(ソフトカバー) – 2010/9/1
池川 明 (著), 澤谷 鑛 (著), MOTHER’S NET (編集)

ママ、みんなでしあわせになるために生まれてきたよ! 心を開く相手もなく、家庭や育児の悩み・不安をひとり抱え、うつむく母親たち。 そんな中にあっても、自分自身の気持ちを変えることによって、幸せを感じることはできる──。 「胎内記憶」「絆」をキーワードに、産婦人科医、カウンセラーが贈る「気づき」のメッセージ。

著者について
池川 明(いけがわ・あきら) 1954年東京都生まれ。帝京大学医学部大学院卒業。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年、神奈川県横浜市に池川クリニックを開設、1999年より胎内記憶に関する調査、研究を始め、その成果を医療現場にいかしている。アメリカに本拠地を置く「出生前・周産期心理学協会(The Association for Pre-&Perinatal Psychology and Health,APPPAH)」の日本におけるアドバイザー。『おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと』(二見書房)、『ママ、生まれる前から大すきだよ!』(学研パブリッシング)など、著書多数。 澤谷 鑛(さわたに・こう) 1950年広島県宮島生まれ。立正大学文学部卒。詩人・浅野晃氏を師事し同大学院へ。中学時代から人間や人生の意義について興味をもち、心理学、禅、成功哲学、親子や家族の絆、などの研究を始める。大学時代より国文学・日本の神話の研究に心理学を取り入れて研究。その傍ら、主に家族関係のカウンセリングを実践し始める。講演をはじめ、カウンセリングやグループ・セラピーの講師として30年あまり活動。著書に『すべての「結果」は引き寄せられている~運命を決める「牽引の法則」~』(総合法令出版)、『絆の法則』(学習研究社)、『しあわせな人生を実現させる4つの法則』(インフォトップ出版)がある。 編者・紅林千賀子(くればやし・ちかこ) 1960年東京都生まれ。4人の子どもを持つ主婦。MOTHER’S NET代表。子育てをしていく中での様々な出来事や両親の死を通して、それまでの人生や家族の絆の意味について考え、自分自身と向かい合い始める。そんな時、『子どもは親を選んで生まれてくる』(日本教文社)の著者・池川明氏と出会う。その後、カウンセラーである澤谷鑛氏と出会い、澤谷氏主宰の「しあわせな人生の実現をサポートする人材養成講座」生となりカウンセラーとなる。母たちこそ元気になってもらいたいとの思いから、NPO MOTHER’S NETを立ち上げる。

単行本(ソフトカバー): 223ページ
出版社: 南方新社; 1版 (2010/9/1)
言語: 日本語
ISBN-10: 486124191X
ISBN-13: 978-4861241918
発売日: 2010/9/1
商品パッケージの寸法: 19 x 12 x 2.2 cm